カジノ解禁になると株の値動きはどう変わっていくか?

日本国内の株式市場でも、カジノ解禁に向けての動きが出ており、関連銘柄に注目が集まっています。
総合型リゾート推進法案が成立する可能性が高まる中、関連する企業の動きも激しさを増しており、解禁をにらんだ売り込みが盛んに行われています。
日本でのカジノ銘柄では、日本金銭機械、セガサミーホールディングス、テックファーム、オオイズミなどが有名で、日本金銭機械はアメリカでも大きな支援を持っており、セガサミーホールディングスは、韓国でのリゾート開発の実績を持っています。
テックシステムは携帯などを利用した決済システム、オオイズミはパチスロなども製作しており、メダル計数機最大手の企業で、どの企業も解禁に向けて注目を集めています。
また、関連株式は、機器製作部門だけではなく、ラスベガスのようなエンターテインメントを兼ね備えた娯楽施設の建設が予定されますので、高級飲食店、ホテル、シアターなどもあり、値動きが注目されます。