脱毛サロンの光脱毛、レーザー脱毛には劣る?

多くの脱毛サロンで使用されて高い評価を得ている脱毛方法が光を照射する光脱毛です。
光脱毛とは、特定の波長を有する光を瞬間照射することで光の持つ熱エネルギーが毛根の黒い色素に吸収されて、脱毛が促される脱毛法のことを指します。
今までの脱毛法に比較して、痛みや肌ダメージが少ない脱毛方法として人気です。
永久脱毛したいとは思っているけれど、体に良くないのではないかと考える女性もいます。
体に害があるというケースでは、どのレベルなのかという心配もあるでしょう。
確かに脱毛をすると多少の肌への負担は考えられます。
しかし、保湿などのケアを入念に行えば、つまりは、脱毛後のケアが要になるということなのです。
脱毛サロンで噂になっております光脱毛の仕組みに関して一言で説明しますと照射して脱毛する方法です。
とはいえ、光脱毛のケースでは脱毛クリニックにおけるレーザー脱毛と異なり、強さレベルの調整ができない分、効果の面で劣ると言われています。
しかしながら、肌が弱い方や痛みに耐えられない方にとっては、光脱毛の方がよいでしょう。
全身のムダ毛の中でも産毛を思わせる薄く細い毛にはニードル脱毛が良いのです。
光脱毛というのは黒い色に反応するので、濃い太い毛には有効ですが、産毛にはそんなに有効ではありません。
だけど、ニードル脱毛なら産毛でもしっかりと脱毛をすることが可能となります。
ニードル脱毛といった方法にはトラブルが多いと言われることがまれにあります。
最近の主流な脱毛法ではないのでそれほど知られていませんが、ただ単にニードル脱毛は実に痛い方法なのです。
そして、体の全ての毛穴に針を刺していくという方法なので時間の方もかなりかかってしまいます。
施術に時間がかかる上に痛みまであるとなるとそれなりにトラブルも多くなってくるのだと思います。