洗いすぎは間違ったニキビケア?

ニキビケアにとって一番大事な洗顔方法は、洗いすぎない、という事です。
ニキビが気になるからと言ってゴシゴシと洗っている人をよく見かけます。
ですがこれは間違いです。
ニキビが気になる人にはありがちですが、顔をこすりすぎて刺激を与えるのは逆に肌を傷めます。
その為私は洗顔を極力少なめ、時間も短めに、ですが出来るだけソフトに優しく顔を洗うようにしています。
勿論、洗顔フォームは肌を傷めないよう泡立ててから顔につける。
洗った後の化粧水、乳液は優しく、パッティングではなく押さえるように行う事も重要です。
ニキビが気になる気持ちは分かりますが、洗いすぎる事も逆効果。
逆に、洗いすぎないようにするくらいがお肌にとっては良い事なのです。
ニキビケア化粧品の草花木果どくだみってどう?