NISAの口座開設キャンペーンのおすすめはどこ?得する選び方は?

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーで持越しが可能でしたが、これからNISAをはじめるという方には、あまり意味のない話かもしれません。

それでは2023年を迎えてしまったらどうなるかが気になってきますよね。

その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な売却時の支払いが損になるかならないかを見極めましょう。

NISA運用で5年後どうするかは大きな問題です。

なぜならNISAには最長5年間という非課税期間の期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAの枠組みをどの程度活用するのかは、投資に対する考え方は人によると思いますので言いきれませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる商品が限られています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも手数料が低く、分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴があり、販売手数料がゼロのノーロードであること、場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までという制限がありますからかなり違いがありますね。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAのリスクを紹介します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも一緒なのですが、NISAで注意しなければいけないのが5年間という非課税期間の期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

NISAの口座開設キャンペーンを検討しているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応する金融機関の中からどこが一番いいか決めなくてはいけません。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

中でもネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額がさほど大きくないのであれば、キャンペーンで決めるのも1つの方法です。

NISAを利用する最大の理由は非課税期間があるからですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?あなたがもし初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、何がどうなるとそれがリスクとして現れるかを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

預金金利が低いから預けておいても増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来有望そうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている仕組みが存在します。

NISAには最長5年という条件があるのですが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、気にしなくていい情報かもしれません。口座開設にはキャンペーンがあるのでそこも狙い目だと思います。

参考:NISA口座開設キャンペーン比較!【2018年おすすめは?】

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

その理由は、投資額が低額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、投資できる数は限られてきます。

一度に高額を投資するという点で心理的ハードルも高いです。

それとは別に、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、未成年口座名義人が20歳である1月1日を迎えた時点で自動的にNISA口座に変更されるという特徴があります。

ジュニアNISAの制度が終わっても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、少額だと何かあってもダメージが少ないのは確かですがそれだけではありません。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、お金がある人にとってもリスクが高くてやっぱりやめようと判断することになります。

投信であればバランス投資を実現できますが仕組み化している分若干ですがコストが増えてしまいます。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社等によって細かい手順は違ってくると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえ、この方法は本当にただはじめてみたい人向けなので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型になります。

初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回変更できるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回変更可能となっています。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

但し、NISAの枠組み自体の制限は変わりませんのでご注意ください。