ETCカード審査が気になる人が知っておきたいメリットとデメリットについて

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少しわからないことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式車載器」とカードリーダーとアンテナが別れた「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動しないようにハンドル周りに設置することで操作性が下がったり、駐車中に車載器を盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式は見た目が小さくなり、シート下にしまうため操作性を阻害しない反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2箇所になるデメリットがあります。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

一例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

現在、クレカを持っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがサブクレカを申し込む時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうと思っている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高くお得なカードという選択肢もあります。

このようにポイント還元率やライフスタイルから自分に合ったカードを探してみてください。

高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べて料金所渋滞に引っかかりづらくお得なETCカードですが高速道路を走らない時のカードの管理を皆さんはどうしていますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても利用停止にしたらいいから気にしない」といった意見がありました。

ただ挿したままの方の中には別のカードにしようと思って1回抜いたらカードの挿し替えをしたら起動時に認識エラーが発生するようになってしまったという方やレンタカーを返す際に挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

大学進学や新社会人になるにあたって車の免許を取って遠出をしたいと考えている方もいると思います。

免許取り立ての方はクレカは持っていてもETCカードは持っていない方が多いと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方につい書いていきます。

まずはじめにETCカードは購入するものではなく申し込みをして入手するものになります。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にイメージされるクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もしクレカを持っていてETC対応の会社なら追加発行の申し込み、対応していなければ新規に別のクレカを申し込み、その時に同時にETCを申し込みしましょう。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法で支払いをしますか?社用車でETC車載器を搭載していなかった場合など一般レーンを使う方もまだいますが多くの方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用でどんなメリットを受けられるのか少し調べてみました。

最大のメリットとして、料金所で券や現金を係員とやりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは料金割引が使えることです。

特に割引前と後で料金の差が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、ETC割引を使うと800円になります。

自動車免許を取って友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると楽なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを発行するにはクレカを発行する必要があり、クレカをすでに持っている場合は追加申し込みをすると発行されますが新規でクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったクレジットカード・ETCカードを探してみてください。

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですがたくさんカード会社が存在していて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か挙げておきます。

発行手数料、年会費がかからないのはライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは日本人なら誰もが知っているカードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの年会費は540円かかります。

参照サイト:ETCカード審査通らない?カード作るには?【審査落ちた理由】

年会費がかかるのが嫌だという方もいると思いますがカードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカの所持について不安でETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカは作りたくないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならば何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との特に大きい違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどのさまざまな特典がつくカードもあるようです。

カードを例にすると、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方は給油時の特典があるカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに違うのでいろいろ調べてお得なカードを見つけてください。