冷蔵庫、洗濯機と並んで、一般家庭に必ずあると言っていい家電製品と言うと、「掃除機」になります。掃除機と言うのは、洗濯機以上に利用する頻度がそんなに多くはない家電でもあります。もちろん、頻度と言うのは各家庭により「差があるでしょう。その為、節電テクニックの使いどころを言うと、あまり有用ではないと考えている人が多いのではないかと思います。

しかし、実際はと言うと、掃除機は節電する要素がいくつもある電化製品と言えます。その為、節電しないで使うと、かなり電気を無駄使すると言うことになります。そうならないように、掃除機の節電テクニックをしっかりと学んでおいてくださいね。

<掃除機の節電の基本について>これは、紙パック式にしても、サイクロン式にしても同じことが言えます。ゴミはこまめに捨てることが、節電テクニックの基礎になります。また、近年の掃除機には「エコモード」と言う省エネ機能が付いていることがあります。この機能を利用すると、床面などの環境に合わせ自動的にパワーを調整してくれます。その為、それ程の強い吸引力が必要ない所の掃除にちては、省エネモードで運転するようになりますね。掃除機は、つい夢中になって掃除する綺麗好きな人にとっては意外な浪費対象と言えます。節電を心掛けましょう。(笑顔)

関連ページ